しろこが寄り道する

社会人3年目女。HSPとして、仕事や趣味(観劇、読書、アニメ)への思いを綴ります。

HSPがみる世界体験するには、芥川龍之介小説が一番

HSPを知っているだろうか。Highly Sensitive Person、感情が豊かで周りの情緒も読み取ってしまう、生まれつきの性質のことだ。最近は書店の店頭にHSPに関する本が平積みになっていることも多いから、知っている方も多いかもしれない。私もHSPです。

今回は、HSPってどんな世界を見ているの?というギモンに、小説で答えられたらと思います。

芥川の文章を読むと、明らかに芥川もHSPだと感じる。

例えば、にこにこ笑う相手の顔と、実際は自分に対する軽蔑が籠ったその気持ちはオーラとなって、HSPの肌をなでる。HSPが人を好きになるのを難しくさせるのは、HSPは人の表裏の感情を全て明らかにしてしまうからだと、26年生きて、しみじみと感じる。

 

戯作三昧

彼は勿論彼の著作の愛読者に対しては、昔からそれ相当な行為を持っている。しかしその行為の為に、相手の人物に対する評価が、変化するなどと云う事は少しもない。これは聡明な彼にとって、当然すぎる程当然な事である。が、不思議な事には逆にその評価が、彼の行為に影響すると云う事も亦殆どない。だから彼は場合によって、軽蔑と行為とを、全く同1人に対して同時に感ずることが出来た。

 

『鼻』

人間の心には互に矛盾した二つの感情がある。もちろん、誰でも他人の不幸に同情しない者はない。ところがその人がその不幸を、どうにかして切り抜けることが出来ると、今度はこっちでなんとなく物足りないような心もちがする。少し誇張して云えば、もう一度その人を、同じ不幸に陥れてみたいような気にさえなる。

そうして何時の間にか、消極的ではあるが、或敵意をその人に抱くような事になる。

内供が、理由を知らないながらも、なんとなく不快に思ったのは、他の尾の僧俗の態度に、この傍観者の利己主義をそれとなく感づいたからに外ならない。

 

この偉大な文豪は、ここまで人間の感情のひだを言葉にできる。

それは、なぜ自分が「在る」ことが苦しいのか、何が起きているのか現象を言語化する作業だったのかもしれない。

他にもHSP作家は夏目漱石など数多おりますが、一物語の短さから芥川が手軽かと思います。書店で300円から売っております、会社帰りにふと、買ってみてHSPの世界をのぞいてみませんか。

 

 

ユニクロ チャットポットサービス アプリ開始!時代を先取るUIにオドロキ!

ユニクロがAIを活用したチャットボットサービスを開始

https://www.advertimes.com/20180726/article274606/

クリエイティブディレクターのイナモト氏のInamoto&Co が参画。

 

DLしました!特徴はこんな感じ

・検索窓が一番上にない!今までのEコマースにないUI。戸惑う。

・レコメンドメインで、広告が中心。私たちが「ジャマ」扱いしがちな広告こそがメディアのメインコンテンツになっている。

 ・社内の各カテゴリ(レディース、メンズ、キッズ・・・)がそれぞれ枠をもらって宣伝しているバラバラ感が感じられる。今後は統一感が出てくることを期待!

 

UIによるレコメンドの時代=検索がなくなる という次世代スタイルを体現しているのではと思いました。

 

これからも注目のアプリです!

企画提出前は、ハイか鬱々のどちらか

企画だったり資料だったり、何か自分の意見をまとめたものを提出するときは、

テンションがハイか、

憂鬱かのどちらかだ。

 

前者は、自分の力に見合ったレベルの仕事であることが多い。

また、問題定義から自分にやらせてくれる。

 

後者は与えられた問題定義に、相手が自分を選んでくれるように提出する企画。

もちろん企画の1人称は「自分」ではなく「社会一般的に」にしないといけないし、

過去の企画作品が並んでいようものなら、自分との力の差に愕然としてしまう。

 

仕方ない!!自分は、イチからの企画を出すのは今回が初めてだし、

先輩の経験豊富な資料を見るのはそこそこに、自分の言葉で伝えてみよう。

アドテク?どういうこと?

今朝配信した、

こどものおもちゃ 何が楽しかった? - しろこが寄り道する

を『HSP』『おもちゃ』で検索すると、ファーストページの検索10位に入ります。

 

でもなぜ??他により充実した個人サイトがあるのに。

配信したばかりだから??

これから数日検索位置を見て、アドテクのなぞを解明します・・・!

というか、どなたか教えて・・・。

こどものおもちゃ 何が楽しかった?

さいころ、どんなおもちゃで遊んでいましたか?

 

私は26年前のことになるのですが、

あまりおもちゃを買い与えてくれる家ではありませんでした。

 

そんな私が印象的だったのは、

ラップをぐしゃぐしゃっとまとめて、くっついたのをペリペリと広げる遊び。

バケツ2つ用意して、ひたすら中の水を入れ替える遊び。

でした。

 

今思うと、

HSPの自分が、外部の刺激を遮断してくれるほど没頭できて、それ自体に法則はなくでも過剰な刺激がない遊びを求めて、

自分に合った遊びだったのだと思います。

 

でもこれはあまりに特殊すぎる。みんなはどんなおもちゃで遊んでいた?

予算管理に配属されている自分が、企画職のキャリアを考える。

兄とキャリアの話をしていた。何点か納得した。

・ライティングをはじめから仕事にできるのは一部の人で、

一般的には既にあるものを編集する職から、制作もするようになる。それが「仕事にする」ということでは。

・企画力+ライティングがフリーとして現実的。今の会社で企画力を身につけるのがいいのでは。

・時流を読んだメガヒットではなく、独自の世界観をつくるコアなファンにウケる小説を書きたいのなら、それは「仕事」にならんから、他で稼がなきゃならんな。

 

キャリアについてごちゃごちゃしていたのがスッキリ。

そして、それをちゃんとブログを書く、というアクションに変えている今が、いままでと違うところです。

悩むだけ悩んで、時間が過ぎただけ、ということが私の毎度のパターンなので・・・。

 

明日は企画のアイデアを広げたくホームセンターと、

宣伝会議の無料の見出しのつけ方講座に行ってきます。

頭を音楽いっぱいにして電車に揺られる

毎朝8時半、通勤電車の座席はもちろん埋まっている。両窓に向かって一列に立つ人、その間にひしめいて立つ人。

私はその中の一人として存在する。耳には常にワイヤレスのイヤホンをはめている。

Youtubeでそのときの自分の中でのヒット曲をリピート再生する。

 

都会での生活は、音が多すぎる。

点検を終えた車掌が鳴らす発車音、OL姿の女性のため息、参考書にくぎ付けな学生がページをめくる音。

みんな、自分の毎日に一生懸命で必死で、たくさんの音を絶え間なく立てている。

 

私はその音を五感でひとつひとつ拾ってしまう。だから五感のうち一つくらいは潰したくなる。それが耳だ。私は、音楽がないと都会で生きていけない。

 

それが、釧路と知床の電車に乗って驚いた。

イヤホンなんて、必要ない。

確かに音はするのだが、釧路と知床という場所の主役は自然だ。人間の生活は、自然があるがままに存在する、その中にある。釧路と知床の音は、ひとつとして私を痛みつけなかった。

 

5日間の旅行を終えて、私は東京に帰ってきた。

すぐに、イヤホンをつける生活に早戻りした。

日々会う人とのコミュニケーションや、自分の将来に思いを巡らせる日々が、戻ってきた。それが私の日常だ。

 

釧路や知床は夢の場所だった。私は傷つける音がない場所だった。

 

きっと、いつかまた、戻るだろう。