しろこが寄り道する

社会人3年目女。HSPとして、仕事や趣味(観劇、読書、アニメ)への思いを綴ります。

焚き火はひとの一生だ

f:id:shiro365:20190102162242j:plain

生まれて26年間の恒例家族行事で、元旦0時に地元の神社にお参りに行きます。

 

今年の気温は2℃。

例年と比べると暖かいですが、それでも息は白くなり凍った空気が鼻を通ります。

 

神社には鳥居の外まで人がずらりと並んでいます。小さな子どもがいる家族、老夫婦、いろんな人がコートに身を包んでいます。

 

「いま、新年が明けました! 皆さま、おめでとうございます!!」

 

社の中では町内会の人が集まっていて、そこで流しているテレビが新年を告げました。

 

ゆっくり列が進みます。

 

寒い。寒い。

 

早く終わらないかなあと待っている私の目に、ふと飛び込んだものがありました。

 

「焚き火だ」

 

直径20cmほどある薪が5つ、6つ焚べてある焚き火でした。

小学生低学年の子どもはゆうに越すサイズ。

 

私はお参りを済ませてから、家族が帰った後も

じーっと焚き火を見ていました。

 

全体でみるとひとつの大きな炎ですが、

じっとみると、一つひとつの薪に炎が宿っています。

ちらちらと、

ホロホロと、

パチパチと、

色んな勢いの炎が踊り盛っています。

 

重ねられた薪の下の方には、時間がたった薪が灼熱のオレンジ色に光っています。

薪自体が炎になるのです。

 

本当に美しくなっています。

 

そうして、薪はだんだん黒い炭になって、炎は姿を消して灰だけが残ります。

焚き火を管理しているおじさんが、飛び出た灰をさっと履いて、終わり。

 

焚き火は、ひとの一生みたいだと思いました。

 

一つの大きな炎という社会の中に、自分という小さな炎がいる。

だんだん炎は薪全体に伝わって、

灼熱に光る美しい時を過ごして、

灰になって、一生を終える。

新しい薪がどんどん加わり、大きな炎は燃え続ける。

 

一説によると、炎のゆらぎは人を癒やす力があるらしいです。

東京工業大学名誉教授の他者さん著『ゆらぎの科学曰く、

一定のリズムを持っていて、かつ完全に同じリズムではない様子がゆらぎで、

その中でも1/fという周波数を発するものが最も心地よく感じられるそうです。

炎が下から上へ規則的に吹き上げ、でも不規則に揺れる様子は、

人を心地よくさせるようです。

 

ふと、真っ赤なズボンに真っ赤なパーカーを着た男の子が炎近くに飛び出ました。

真っ赤なフードを頭にすっぽりかぶっています。

 

火の子だ。

 

私は反射的に思いました。

 

「こら、火に近づかないの!! 危ないでしょ」

その子のお母さんが叱ります。

「ちょっとだけ!」

男の子はいたずら顔で、炎を見つめます。

その子の顔をてらてらと照らす炎はやっぱり不規則で、

でも男の子の目はまっすぐ炎を見ていました。

 

炎が人の一生なら、

どう美しく燃えられるかは、なかなか思い通りにできない。

去年1年間の自分は、もちろんすべてが自分の思い通りになることはなかった。

仕事、恋愛、友達関係で、努力しても叶わないことの方が多かった。

そう思い起こす一方で、男の子の目はまっすぐ炎を見つめていました。

 

ふと、小学生の男の子が焚き火と私の前を横切りました。

 

寒い。

 

2℃の空気が体を切りました。

気づかなかった、焚き火はこんなにも私を暖めてくれていたんだ。

焚き火は目で癒やすだけではなく、近くにいる人を暖めて力を与えてもくれるようです。

 

来年もきっと、この焚火を見に初詣でに来よう。

 

ふーっと一息ついて、私は焚き火から離れて家に帰りました。

 

P.S. 

30分近く炎を見て寒空につっ立っていたらしく、元旦はしっかり風邪を引きました。

喉がガラガラで寒気がします。

私の屍を糧に、皆さんは暖かくして過ごしてくださいね。

 

入社3年目が、希望の配属に少しでも近づける方法

f:id:shiro365:20181008115709j:plain

配属希望は叶わないものとはいうけど、

初配属で管理部門に配属された人が企画になるのは本当に大変だ。

 

①仕事内容が全く違う

10月1日から、会社のブランディング部門の1チームに兼務を付けていただいた。

とはいっても、業務をいただけるというよりタスクをもらえる、という程度で、実際の仕事量の10%程度で、目標も持たせてもらっていない。

それでも感じることは、仕事の進め方が全く違う。使う頭も違う。

自分が2年半、希望する仕事をいただきたい一心で管理業務を頑張ってきたのはなんだったんだろうと、愕然とした。

上司の立場からしたら、主務の予算管理から企画に行かせてやることの難しさを身を持って知った。

 

②他の同期と経歴を比べられてしまう

他の同期で、サービスの営業を2年半していた人がいたら、業務に直結するのでそちらを優先して異動受け入れされてしまう。

それでは、私はいつになったら企画になれるのか、というと人一倍働きかけないと、だいぶ絶望的だ。

 

では、どうしたら少しでも企画に近づけるだろう。

実際に、私は以下の方法で企画チームの兼務にて少しだが仕事をいただいている。

①希望の仕事に関する最新情報を、該当のチームのメンバーに送り続ける。

・社外の有料セミナーに自費で参加し、そこで得た情報をまとめて、共有する。

・バズったtwitterをまとめるアカウントを作成、公開。

・社外のコンテストに応募。受賞せずとも、つくった企画を直属の上長経由で、希望先の上司に送る

 

※課長、部長クラスに直接制作物を送るのは避けた方がいい。

なぜなら、相手が身構えるからだ。

異動したい人の要望に応えていると、まるで異動を受け入れるかのようになってしまうので、塩対応される可能性がある。人事に直接関係ないけど、課長が頼りにしている立ち位置のメンバーに送って、直接業務に役立ててもらう。その方が組織にとっても人事においても無難である。

②副業する

希望の仕事内容の副業をしましょう。会社には副業申請をきちんと出します。

大概、社内異動であれ転職であれ、管理部門の人がゼロいちタイプの企画を希望すると「未経験の人は難しい」と断られるので、未経験ではなくなりましょう。自分の行動は、結果と結びつかなくとも評価はされます。

 

これを半年ぐらい続けると、異動に対して上長が渋っていても、真剣さが伝わる。

しかし、土日潰して企画の勉強をして、それでも配属はかなわない方が多いです。

初配属で希望の仕事に全くつながらない仕事になるのは、本当に呪いだと思います。しばらくは、憑いてきます。

 

泣きながら、土日も仕事をしています。いつか報われると、いいのだけど。

社会人3年目が終わる前に、報われる兆しが見えなければ、

会社を変えてキャリアチェンジするしかないのではと思いつつあります。

全ての配属に悩む人が、希望に少しでも近づけますように。

ボルダリング行ったら世界が変わった

 

f:id:shiro365:20180909144625j:plain

運動はしたいけど、運動神経はないし団体競技は苦手

かといってマラソンは単調で続かない・・・。

 

そんな私が選んだスポーツは、ボルダリングです! 

実際に私は会社帰りに月1、2回を1年間通って、ちょこっと中級入りのコースも登れるようになりました。

 

■ルールって?

私が登ったのはフリークライミング

体につける装備は何もなし、手と足だけで、突起に引っかかり、ぶら下がり、たまにはぴょいっと飛んだりして登ります。

どの突起でもいいわけではなくて、あらかじめコースが用意されていて、突起のすぐしたにメモ書きされています。

 

■コースの種類が奥深い

①90度 コース自体の楽しみが多い

 

②90度以下 力がない女性でも大丈夫

 

③110度 ちょっと大人の道

110度 頭の血が逆流してくる感じです。

一番簡単な紺色コースは、ものすごく持ち手が掴みやすくてやりやすいです。

それでも、とにかく早く終わらせないともたない、心身ともに限界だ、という一心で

足なんて引っかけないでとにかく進んだ記憶があります。

 

そんな必死で満身創痍の私を見て、ボルダリングがめちゃくちゃじょうずな方からのアドバイスが。

「一歩ずつ呼吸を整えるといいよ」

「全身に力が入ってる」

先生・・・!人生の教えのようです。

 

■why not try

初心者でも1か月に一度でここまで登れるようになります!

大抵は、お店のレジ担当がボルダリング好きor講師なので、

仕事の合間に教えて!と突撃すると教えてもらえると思います。

 

そういう意味では、思い切ってひとりで行くのもアリですね。

 

感情のジェットコースターHSP、HSSがブログ更新し続けるずぼら方法

 

f:id:lord_cashew:20160325224303j:plain

あなたは、ブログを毎日書けますか。

私は、書けません。記事をほぼ毎日更新すると宣言したのに、週1ペースになっている。しかも私の場合は解決策がなく、毎日更新しようとするとストレスで結局続けられなくなってしまうという・・・・。

ブログを続ける方法って、なんなのさ!泣ってあなたに贈る、優しい解決策です。

あなたの周りのHSP(highly sensitive person)、HSSに毎日起きている恐怖

ブログを毎日更新できない答えはこれ、HSP、HSS。感受性が強いのに、刺激が大好きタイプ。

つまり、感情がジェットコースターのように上下する人です。

こういう人って、毎日何かをコツコツと続けるのが自然とめちゃくちゃ不得意になります。なぜって、何かにハマるとぐおーっとのめり込みアウトプットのクオリティにめちゃくちゃこだわりります。そして

highの後の反動でアウトプットができなくなる

ちなみに、先月の自分のhighは、社外コンテストへの応募でした。

wonderfly.jp

子供のおもちゃをデザインする、試作品もつくる、というだいぶんクリエイター寄りなコンテストでした。

 

・過去の受賞作品の企画書や作品の研究

・職場のおとうさんおかあさんに、子供がどんなおもちゃが欲しいかヒアリング

・初めて試作品を自分で作成

・初めてプロモーション動画を作成

 

これを全て7日間でやりきりました。

 

その反動が来て、しばらくアウトプットが出せないようになっていました。

そしていま、アウトプットがまた出せるようになったというわけです。

 

ブログを毎日続けるなら、ブログだけに精神集中した方がいい

と、思います。苦笑

ただし、自分の場合は、まだ社会人3年目になったばかりで、これといって積み上げたキャリアがないのです。

そして今、希望しない予算管理の職種なので、

プロモ企画やコンテンツ制作職への異動を目指して

外部のコンテストへの応募や、オンラインサロンで編集者の監修の元文字起こしや校正、社内にてモニター記事作成などにトライして経験を積んでいます。

ブログだけに集中するには、自分はまだ本業でやり切っていないことがたくさんあります。

そして、ブログと本業、二本立てが難しいのがHSPです。苦笑

ブログ(内向き)→本業(外向き)のサイクル

応募に落ちたり、先輩方の優秀な作品を見て自分って大したことないな・・・と、

学んでひと区切りついたあたりで、ブログという内向きの場所に帰ってくる。

自分は今のところそういうサイクルになりそうです。

誰でもブログを続ける秘訣は、完璧をもとめないこと

ãã¨ã³ã¸ãã¢ã®ãä»ãã帰ãã¾ããã¯1æéå¾ã¨ã³ã¸ãã¢ã®ãä»ãã帰ãã¾ããã¯1æéå¾ãï¼»ã¢ãã«ï¼ããã¹ã¨ããï¼½ã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

私はHSP、HSSなので、ジェットコースター感情が顕著ですが

他にも、感情がぶれやすい、あるは毎日続けられない、という方いると思います。

今度こそ、と思ってもやはり毎日続けられないやるせなさ、痛いほど分かります。

 

だからこそ伝えたいのは、ジェットコースタータイプは完璧を求めないことだと。

文章校正バラバラでもいいから書く。

で、エネルギーたまったら、デザインに凝ってみたり、書く量を増やしたり。

で、またブログ書けない病にかかって、ブログから遠ざかって。

 

その繰り返しだって、ある意味積み重ねです。

ブログの外でアウトプットだしている期間だって、ブログのネタ仕入れだと思えばいい。

 

案外、毎日続けられないことの解決策は、ずぼら積み重ねです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HSPがみる世界体験するには、芥川龍之介小説が一番

HSPを知っているだろうか。Highly Sensitive Person、感情が豊かで周りの情緒も読み取ってしまう、生まれつきの性質のことだ。最近は書店の店頭にHSPに関する本が平積みになっていることも多いから、知っている方も多いかもしれない。私もHSPです。

今回は、HSPってどんな世界を見ているの?というギモンに、小説で答えられたらと思います。

芥川の文章を読むと、明らかに芥川もHSPだと感じる。

例えば、にこにこ笑う相手の顔と、実際は自分に対する軽蔑が籠ったその気持ちはオーラとなって、HSPの肌をなでる。HSPが人を好きになるのを難しくさせるのは、HSPは人の表裏の感情を全て明らかにしてしまうからだと、26年生きて、しみじみと感じる。

 

戯作三昧

彼は勿論彼の著作の愛読者に対しては、昔からそれ相当な行為を持っている。しかしその行為の為に、相手の人物に対する評価が、変化するなどと云う事は少しもない。これは聡明な彼にとって、当然すぎる程当然な事である。が、不思議な事には逆にその評価が、彼の行為に影響すると云う事も亦殆どない。だから彼は場合によって、軽蔑と行為とを、全く同1人に対して同時に感ずることが出来た。

 

『鼻』

人間の心には互に矛盾した二つの感情がある。もちろん、誰でも他人の不幸に同情しない者はない。ところがその人がその不幸を、どうにかして切り抜けることが出来ると、今度はこっちでなんとなく物足りないような心もちがする。少し誇張して云えば、もう一度その人を、同じ不幸に陥れてみたいような気にさえなる。

そうして何時の間にか、消極的ではあるが、或敵意をその人に抱くような事になる。

内供が、理由を知らないながらも、なんとなく不快に思ったのは、他の尾の僧俗の態度に、この傍観者の利己主義をそれとなく感づいたからに外ならない。

 

この偉大な文豪は、ここまで人間の感情のひだを言葉にできる。

それは、なぜ自分が「在る」ことが苦しいのか、何が起きているのか現象を言語化する作業だったのかもしれない。

他にもHSP作家は夏目漱石など数多おりますが、一物語の短さから芥川が手軽かと思います。書店で300円から売っております、会社帰りにふと、買ってみてHSPの世界をのぞいてみませんか。

 

 

ユニクロ チャットポットサービス アプリ開始!時代を先取るUIにオドロキ!

ユニクロがAIを活用したチャットボットサービスを開始

https://www.advertimes.com/20180726/article274606/

クリエイティブディレクターのイナモト氏のInamoto&Co が参画。

 

DLしました!特徴はこんな感じ

・検索窓が一番上にない!今までのEコマースにないUI。戸惑う。

・レコメンドメインで、広告が中心。私たちが「ジャマ」扱いしがちな広告こそがメディアのメインコンテンツになっている。

 ・社内の各カテゴリ(レディース、メンズ、キッズ・・・)がそれぞれ枠をもらって宣伝しているバラバラ感が感じられる。今後は統一感が出てくることを期待!

 

UIによるレコメンドの時代=検索がなくなる という次世代スタイルを体現しているのではと思いました。

 

これからも注目のアプリです!

企画提出前は、ハイか鬱々のどちらか

企画だったり資料だったり、何か自分の意見をまとめたものを提出するときは、

テンションがハイか、

憂鬱かのどちらかだ。

 

前者は、自分の力に見合ったレベルの仕事であることが多い。

また、問題定義から自分にやらせてくれる。

 

後者は与えられた問題定義に、相手が自分を選んでくれるように提出する企画。

もちろん企画の1人称は「自分」ではなく「社会一般的に」にしないといけないし、

過去の企画作品が並んでいようものなら、自分との力の差に愕然としてしまう。

 

仕方ない!!自分は、イチからの企画を出すのは今回が初めてだし、

先輩の経験豊富な資料を見るのはそこそこに、自分の言葉で伝えてみよう。